Now Loading...

Now Loading...

入居者の皆様

入居中の困りごと

入居時の確認事項

契約書は退去時まで大切に保管しましょう。

賃貸借契約書、重要事項説明書などは大切なものですので、紛失しないように保管しましょう。
ファイルなどで一つにまとめておくと便利です。

鍵の管理に気をつけましょう。

弊社ではお客様の鍵は保管しておりません。
※一部特殊鍵などはお預かりしている場合もあります。
鍵を紛失した場合の交換・開錠は、お客様のご負担になりますので大切に保管しましょう。

ご挨拶廻りをしましょう。

お引越し時には、近隣の方へ何かとご迷惑をかけてしまいますので、事前に挨拶することをお勧めします。

ゴミの搬出方法を確認しましょう。

各市区町村によってゴミ出しのルールが異なりますので、必ず確認しましょう。
引越時のダンボールは、引越業者に引き取ってもらうか、細かくして燃えるゴミ袋で出しましょう。
各市区町村の役所HPで確認が取れますので予めのご確認をお勧めします。

入居前までには光熱費関係の手続きを済ませましょう。

光熱費関係は、各区市町村によって支払い方法や、手続き方法も多少違ってきますので、当社スタッフに確認して頂き、予め各光熱費関係の会社に事前連絡をされて置くことをお勧めいたします。

暮らしのマナーとルール

ゴミ出しはルール厳守でお願いします。

各区市町村のルールを必ず確認しましょう。
必ず分別して区市町村でゴミ袋の指定がある場合は、指定のゴミ袋で出しましょう。

集合住宅での騒音について

集合住宅ではお客様の上下左右に他の入居者様が居住しています。
床を歩く音やドアの開閉音など、ある程度の音については避けられませんので御認識下さい。夜間10時以降などに洗濯機、掃除機などの使用、大音量で音楽を聞くこと、友人などを呼んで騒ぐことなどについては迷惑行為になりますので気をつけましょう。

廊下・階段には私物は置かないで下さい。

共用部である廊下や階段は緊急時の避難通路でもあり、ゴミや私物を置くと災害避難時の通行の妨げになりますので私物や自転車などは絶対に置かないで下さい。
またベランダの隔壁板付近にも荷物を置くと避難時の妨げになりますので合わせて御注意下さい。

敷地内に無断駐車しないで下さい。(車・バイク)

賃貸マンションなどでは来客用駐車場はございませんので僅かな時間でも必ず近隣の時間貸駐車場に駐車しましょう。敷地内の区画は月極有料駐車場です。
無断駐車の際には車種・色・ナンバーを確認の上、管轄の交番に連絡しましょう。交番より車の所有者に注意してくれます。
※駐車場で発生したトラブルについては、各契約者様の責任となり、管理会社は一切責任を負いかねます。 盗難・損傷等の事故には十分ご注意ください。

敷地内に無断駐輪をしないで下さい。(自転車)

敷地内で空いてるスペースが有るからといって無断で駐輪しますと申請されています他の入居者様にご迷惑になりますので必ず申請をして下さい。
駐輪場を設けてない物件では駐輪をお断りしている場合もございます。
※ 駐輪場で発生したトラブルについては、各契約者様の責任となり、管理会社は一切責任を負いかねます。 盗難・損傷等の事故には十分ご注意ください。

更新について

賃貸借契約の更新

契約更新とは?

一般的にはご契約日より2年間の借家契約になっており、この契約期間が満了する2ヶ月ほど前に契約を継続するかを確認します。
※契約期間については、お手元の「賃貸借契約書」の内容をご確認下さい。

更新契約
賃貸貸契約は通常2年間になっております。
契約内容によって一部異なりますので、必ず「賃貸借契約書」の内容をご確認下さい。

更新のお知らせ
1)「契約期間満了のお知らせ」
2)「更新のご案内」
3)「賃貸貸契約更新同意書」
4)「ご請求書」
5)「返信用封筒(切手付き)」
をお送りいたします。
内容をよくご確認頂き期日までに、署名・捺印の上、ご返送頂きます様お願い致します。
※更新手続きをせず解約をされたい方は、解約届けを管理部にお届け下さい。

更新手数料
弊社では更新処理による手数料(「賃貸借契約書」に記載して有りますのでご確認下さい)のご負担をお願い致します。

更新料とは?

更新する御意見の有無の確認、更新申込書の取交し、契約者様・入居者様・保証人様についてご契約当初の内容(御名前・ご連絡先・ご勤務先)から変更がないかの確認、変更のご要望があるかの確認などをさせていただいております。
それに基づき弊社の管理台帳更新、お客様情報の内容訂正しております。
また必要に応じて御契約者様と新たに覚書を取交したり保証人変更の合意書を取交したり、等の業務による事務手数料になります。
更新手続きはお早めにお願い申し上げます。
手数料(「賃貸借契約書」に記載して有りますのでご確認下さい)のご負担をお願い致します。

火災保険の更新

ご入居者様には賃貸借契約期間中、火災保険(共済)に加入をしていただいております。
もし火災保険に契約していない場合に漏水事故などの加害者になった場合、被害者に対して損害賠償しなければなりません。
例えば被害者の家財一式、室内補修、仮住まい費用など突然、多額の出費が必要になります。
これら万が一に備えて火災保険には必ず加入するようお願い致します。

アパートが火事になったら・・・

家財の損失に備える
火事になれば、ご入居者様のお部屋の中にある家財が使い物にならなくなってしまいます。
「そんなにたくさん家財があるわけではないから大丈夫」と言われる方も多いのですが、洋服や家電製品、パソコン、カメラなど積み上げていくと結構な金額になるものです。
そのような場合に備えて、家財に保険をかけておくことが大切です。

隣人への補償は?
例えば、ご入居者様自身の部屋から失火して自室と隣室を焼いてしまった場合、隣人の家財については、失火責任法により失火者に重大な過失が無い限り法律上の責任は免除されることになっています。しかし、逆を考えてみると、隣人の部屋から失火してご入居者様の部屋が燃えてしまった場合は、誰にも補償してもらえないということです。
そのためにも、ご自身で家財に保険をかけておく必要性があります。

家主への補償は?
「賃貸借契約書」には、退居の際、部屋を元通りにしてから退居する「原状回復の義務」がうたわれています。法律上も、借主は借用物を善良な管理者の注意をもって保管する義務があり(民法400条)、期間満了時には借用物を現状に復して返還する義務があります(民法597条、598条、616条)。
しかし、万一火災を起こしてしまって借りている部屋を損失された場合には、元通りにして返還することが事実上不可能となりますので、家主に対してご入居者様が損害賠償しなければならないということになります。そうした家主への損害賠償責任をカバーするのは、「借家人賠償責任担保特約」です。
これは単独で加入することはできませんので、家財保険の特約として付いています。

水漏れをおこしたら・・・

火災だけでなく、水漏れも賃貸アパート・マンションではよくあることです。
洗濯機から水が漏れ自室が水浸しになるだけでなく、下の階にまで水漏れを起こして しまうこともあります。このような時、建物の損害については家主への損害賠償、階下の家財の損害については階下の方への損害賠償が発生します。
これも家財保険に加入していれば特約で補償対象となります。

空き巣に入られたら・・・

万一空き巣に入られて家財(現金・バッグ・貴金属・洋服・家電製品など)を盗まれた場合も、家財保険に加入していればその被害額の全部または一部を補償してもらうことができます。

退去について

退去の流れ

① 賃貸借契約書を確認しましょう。

退去連絡期限について
退去の流れは、解約する日より1ヵ月以上前に書類での届出をして下さい。
※契約内容により解約届けの日数は違いますので契約内容をご確認下さい。

短期解約違約金について
入居から1年経過していない場合は、1年未満の違約金として1ヶ月分の賃料を申し受ける場合が多いですので、ご注意下さい。
※契約内容によって違いがございます。

② 引越しを決定したら

賃貸借契約書の末ページに解約届け書がございますので、必要事項をご記入の上、管理部にFAXにてお送り下さい。
FAX後入居者様から連絡をお願い致します。
※お電話等での口答での解約届けは受け付けておりません。トラブル防止の為、ご了承頂きます様にお願い致します。

③ 引越しの準備をしましょう。

公共料金の精算や新聞・電話・インタネット等の住所変更または解約手続き等を完了させておきましょう。
最寄郵便局に『転居届』を提出しておきましょう。
ゴミ処分を計画的に行ってください。

④ 引越し日、前日・当日までに

公共機関への転出・転入の手続きを済ませましょう。
新居での電気・水道・ガスなど開栓手続きは済ませておきましょう。

⑤ 引越し当日か別の日に担当者とお客様で室内を確認

担当者、若しくは家主様と日程を決めて頂き、契約書に基づいて、お部屋の中を確認させて頂きます。
この際に壊れた箇所や傷やクロスのやぶれや汚れ等を確認させて頂きます。
後日、その内容に基づいてクリーニング会社が見積もりを出します。

⑥ アシストまたはオーナー様に鍵の返却

退去連絡の際に説明を受けた返却方法でご返却ください。

⑦ 精算開始

担当者、若しくは家主様よりお部屋のクリーニング代(修繕費用)等を、ご連絡させて頂きご精算をさせて頂きます。
※物件により契約内容により異なります。
※精算終了までには鍵の返却から1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。

企業情報
オーナーの皆様
入居者の皆様
↑